奧田 聰の「スポーツ時評」

”奧田 聰のスポーツ時評”

***********************


2021年7月27日
‘史上最悪の社会情勢の中のオリンピックで
日本選手達の素晴らしいパフォーマンスに感動!そして浮れ過ぎに警戒!’


コロナ禍の中で感染症の拡大懸念を内包させながらも、今のところ
概ね注意深く、控えめに開催され始めたオリンピックが、
長い年月、限界ギリギリまで身体と精神を鍛え上げ磨き続けてきた
選手達の見事なパフォーマンスを次々メディアで眼にする
ことが増え多くの日本国民達に夢と元気を与え、未来志向を
前向きにさせる精神構造を芽生えさせ始めている。
一部の政治家や金の亡者達が、オリンピックを「餌と好機」と考えて
有利な政治的展開や金儲けを企てるおどろおどろしい醜い姿を
今大会直前まで見せつけられほとほと嫌気が指していた日本国民達は、
「暗雲の中に希望の光明」をしばし貰っている。
始まったばかりのオリンピックで、ベテランから初出場の選手まで
かつて無い程の活躍でメダルラッシュ状態を見せつけられると
この状況下で選手達が「最高のパフォーマンスを示せるのか?」と、
大会前に疑問を感じていた私の考えは間違だったと知った。
強健な身体と強靭な意志力を持つ選手達は、どんな状況下でも自身の
最高の姿を表現する事に緊張はあっても矛盾も躊躇も無いのだ。
オリンピックは、通常の世界大会とは断然異なる
世界空間なのだ。
今大会で初めて採用されたスケートボードなどの
競技で10代を始めとする若い世代の選手達の活躍振りは
目を見張るものがある。
これまで上野や山田中心の米国と並ぶ強いチームを作り上げて来た
ソフトボールでも後藤という20歳のスゴイ選手が登場し
又卓球の混合ダブルスでは、(水谷・伊藤美誠ペア ちなみ幼少期の伊藤に母親が
彼女が寝ている耳元で「中国選手に勝てるのは貴方だけ、、」と囁やいて
潜在意識に吹き込んだというエピソードをかつてある番組で
観た事があるが、、) 遂に念願を実現したのだ。
サッカーでは久保、堂安他若手の活躍で優勝候補のメキシコを
的確な距離感と早いパスワーク、チャンスでのシュートにためらわず
執拗なガードに徹し相手の攻撃を阻止し見事に下し、決勝トーナメントへ順調に
駒を進め念願の金へ挑戦しようとしている。
さらに日本のお家芸と言われる体操男子でも名選手内村航平に代わる
初出場の若い選手達が、大きなミスなく将来への大躍進を予感させる活躍で
金にもう一歩の銀メダルを獲得した、
又3×3バスケット(かつてバスケットに夢中でオリンピックに出たいと
子供の頃より夢見た私個人としては、身長の高い選手が断然有利な
本来のバスケットと異なる、この10分間限定の持続的なスタミナ力と
2点を取るシュート力、カットインの巧さなど身長の高さの
優劣に関わらず運動能力こそが勝負となる斬新な競技を
今回初めてじっくり観て非常に興味深く興奮した。)
この他新種目や、これまで世界の強豪国の選手達から
劣勢を余儀なくされていた競技でも今回大躍進を遂げている。
更に申せば、日本発祥の武道の一つである柔道でも若い世代の台頭が
「金」を続々産んでいる。
一方で大野将平のように世界で並ぶもの無しと思われて来た選手でも
オリンピック2連覇するのに準決勝、決勝とかなり苦戦した。
今や世界の150カ国以上で柔道家がいる現状、世界の日本との距離は
どんどん縮まっている。試合後に「今後も自身との戦いでそれに勝つ」
ことを明言した大野の言葉は重い。
押し並べて試合後インタビューで選手達が皆一様に「今大会が
開催されるまで悩み挫けそうになりながらも、多くの支援者達に
支えられて今日のパフォーマンスが出来た事に感謝すると述べ、同時に
このコロナ禍で苦しめられている人々やその陰で感染を抑止する為に
日夜貢献する医療関係者達そして子供達に勇気と元気を少しでも
与えられることを本望としている旨の発言している。
ただ勝利した事に酔いしれているだけでないことを我々も
肝に銘じておきたい!
こうして見てくると選手達を鼓舞したり
集中力を高めるのに人々の支援は非常に
大きいことは確かであるが、まじかな観戦者の数が必ずしも
左右するとは、言い切れない感じがする。
将来の観戦の有り様に向けて
今回のオリンピックは競技場の観覧席の席数や、
会場の設計並びに映像技術などを駆使し、応援方法を革新的な
方向へ進ませる契機になるに違いない!
この後8月8日まで「オリンピック」は開催され、更に続いて8月24日から
9月5日まで「パラリンピック」が行われ
続々と日本選手達の活躍を見る事になるだろう!
がしかし、見る側の我々は、「日本の選手達の活躍を良い事」に
調子づいて、軽々しく「皆んなで楽しまないと面白く無い」とかの
もっともらしい理由をつけて
外出し皆で集まって大騒ぎする事だけは、断固慎まねばならない事は
賢い日本国民達は既に重々気がついている筈だ!と思いたい!

***********************

2021年5月30日

”球界を賑わす大物ルーキー・佐藤輝晃に注目”
今年の野球界は、人々が心身ともに疲弊しているこのコロナ禍の中で
少なくとも日本人には、毎日の試合が楽しみでワクワクさせて憂鬱な気分を
一掃させてくれるふたりの選手がいる。一人は、言わずもがなではあるが、
米国大リーグで大活躍中の今や、米国の野球ファン達の心をも掴み始めたエンジェルスの
「大谷翔平」もうひとりは、阪神のルーキー「佐藤輝晃」である。
しかし、昨日の交流戦「西武」との対決で「佐藤輝晃」が、
まさかの3本のホームランを放つとは、私も度肝を抜かされた。
巨人のあの「長嶋」以来なんと59年振りの大物ルーキーの登場に球界関係者は、
色めきだっている。
我が愛する巨人の4番打者「岡本和真」が、昨日だけは小兵に見えた。
大体において、投手のマウンドからホームベースまでの18.44mしかない距離で、
140km/hを超える投球スピードの球を投手から投げられてバットに
当てること自体プロの選手といえども至難の技なのである。
バットに球を当てるには、上半身と下半身のタイミングを上手く調整させる事、
バッティングスピードをより速くする事、
そしてれた動体視力を持っていることなどなどが条件だからだ。
画面で見る限り、佐藤選手は動体視力も、
バッティングスピードも通常のの選手とは比べものにならないほど
優れて(計測した訳で無いので確かなことは、申せないが、、)いるように見える。
概ね上半身のコントールが特に優れていてボールが高く上がるようにコンパクトに当ててる。
球界の優れた名投手達も今後対戦する時には、
投球方法に緻密な「佐藤対策」をしない限りこの新人にキリキリ舞させられる羽目になりそうだ。
***********************

2021年2月28日
一年遅い!素晴らしい記録!に拍手!
 
これまで期待されながら、一昨年のMGC、昨年の五輪最終選考会
である琵琶湖毎日マラソン大会でも、もう一つ振るわなかった、
鈴木健吾が本日、歴史あるびわ湖毎日マラソンの最後の大会で、
遂に日本中のマラソンファン達の度肝を抜く好記録で優勝した。
それも、大迫選手の持つ日本記録を30秒以上縮める4分台の日本人初の新記録である。
拍手拍手!一年早ければ、君が五輪代表に選出されていたところであつたが、
残念ながら遅かった!又、日本実業団陸連には、既に大迫選手たちをはじめ
他の選手達に1億円を超える金額が拠出されてしまっているので、
手元に800万円の残額しかないようで1億円の賞金は、
日本新記録を打ち立てたにもかかわらず今回は手に出来ないようだ。
このコロナ禍でも、大利益を上げている企業辺りから、
特別褒賞金を申し出てくれるところがないものだろうか?とも思ったりもする。
それはそれとして、人間には、人生、同様な結果を出しても、
時の女神の差配により「運、不運」が別れることがある。
然るに、鈴木選手は、今、レース後のコメントを見ていていても、
落ち込んだり悔やんだりしていないとは、思うのだが、君の名前は、
今日で完全に日本国中で知られることになったのだ。
今後他の日本人選手達は、君が一番の目標になる。
出来れば、精進して、キプチョゲの持つ世界記録を突破して欲しい!
君の前途は、今日から大きく変化する。
今後多くの日本の企業やマスコミからの思わぬ出演依頼や広告収入などで、
多額の金額を手にすることになるかもしれない!
今日の勝利を、冷静に分析して、惑わされずに今まで通り
謙虚に鍛錬を続けて欲しい!、、と私は思うだけだ。

************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です