吉村昌也
「粉引の魅力 使って知る、違い!」

吉村粉引が、陶芸ファンや料理人、文人達の間でひそかに愛好、
愛用されるようになって10数年になる。
人づてに、次第にその噂が広がるに
つれその輪は、画家、彫刻家、音楽家、
美術品のコレクター、建築家、評論家、
美術館学芸員、画商などの陶芸や
工芸以外の芸術関係者達にもおよび、
今やまぎれもない粉引陶芸家の名手として
人々の知るところとなり話題に上ったり、
テレビの料理番組で作品が映し
出されたりすることも多い。
吉村粉引は、一度手にすると
すっかり魅了されて又さらに欲しくなり、
つい購入してしまうと 多くの吉村粉引を
愛用する人たちが 語っている。
では、この魅力は一体全体どこから
くるのであろうか?
吉村粉引の魅力は、第一に古い李朝粉引に
見られる特徴を生かした、そのなんとも
深くて美しい白の釉薬の 仕上げにある
と言える。作家が、「巧み」といわれる
多くの料理人達やその道のエキスパート達
から絶大な支援を受けるほどに
なっている今日、これまで作家が
惡戦苦闘して、この美しい白を生成
させるまでに積み重ねて来た困難な道程に
思いを馳せると頭が下がる。
作家の身内に陶芸関係者は輩出して
いないし、大学も東京外語大の仏文科と
畑違いを専攻している。
商社勤めのある日、李朝陶器との
偶然の出会いが契機となり
陶芸の道に入ってしまったのだ。
普通の陶芸家達より10年は遅い出発
であるが、作家の限り無い白への
こだわりと精進が、今日、吉村粉引を
おいて他にならぶもの 無しと言わせる
程の粉引の名手として、その地位を
揺るぎないものにしている。
しかしその美しい白だけでは、多くの
愛好者がここまで彼の作品に
こだわることはなかったであろう。
吉村粉引のさらなる魅力は、
その使い勝手にある。
使い込んで行く中に、部屋の
空間や調度品にごく自然な形で
美しく納まりがついていく
のは
当然ながら、いつも思うのは、
饒舌さや猥雑さとは無縁で、
無駄口をたたかず、作品自らは
高貴な薫りを放ちつつも決して
他の物を凌駕するところが無い
ということであろう。
他の作家の作品ではよく
ありがちな、押し付けがましい処や
大仰な点を微塵も見せ無いところが、
なんとも嬉しいのである。

また、慣れ親しむうちにやがて
形容し難いまろやかな薄緋色に
変貌をとげ、そこに注がれた液体
の芳香と味わいを深く、濃くする
酒器や茶器のたぐい、はたまた
皿や、鉢高杯などにあっては
料理を見事に活かし、膳を盛り
たてる 使い勝手の良い器としての機能
を十分過ぎるほど務めてくれる。
さらに花器や瓶の清楚な装いには、
物静かな存在感がそこはかとなく流れ、
尽きない魅力がさらに倍加されて、
増々惚れ込んでいくというのが
実情であろう。
かって詩人の小川英晴氏と共に作家の
工房を訪ねたある日の事である。
昼食の為にとさりげなく机の上に先生がご用意して下さった、
特別に奇をてらった風もなく
形に愛想があるわけでも無いと
(未熟な私には)一見思われた
一枚の粉引皿の向こうで、
折よく来られていた、吉村先生のファン
であると言う板さんが、酒の肴を手早く
こしらえ、まな板からひょいと
その皿に盛ると、一瞬にしてその料理が、
ぱあっと、光輝満ちたのは驚きであった。
そしてごく最近では、酒噐のひとつ
として新に考案された麦酒杯にも、又また
いたく感服させられてしまうのだ。
私は、缶ビールのあの缶の臭い
が気になって、たいていビン詰めの
ビール を飲むようにしているのだが、
この吉村粉引の麦酒杯をもとめて
帰るとすぐ、味を試したいと冷蔵庫を
探ったのである。生憎、缶ビールしか
買い置きが無い。仕方なくそれを
この器に注いだ。 ところが、
通常のガラスコップに注いだ時と異なり、
実に極めの細か泡が立つのである。
おやと思いつつ ぐいと一息
口に含む。と、なんと私の嫌いな
缶の臭いがほとんど消えている。
しかも舌先に滑らか。
あのビア樽からつがれた時にしか
味わうことの出来ない生ビールの
如くの芳醇な味わいが、口腔に
拡がるではないか!
こりゃ、ひと味ちがうぞ!!
思わず口にしてしまった。。。。
その後は来客の度に、これを
持ち出しては、ビールをすすめ、
ひとしきり「吉村粉引」談義の
日々である。勿論ビンビールであれば
尚さらの味であることは
云うまでも無い。
目下この麦酒杯が凄い人気で、制作が
追いつけないほど注文があるという
ことも、うなづける。こと程さように、
吉村粉引は、愛用者一人一人の思いが
積み重ねられていき、ただ単に観賞用
として床の間に鎮座するだけに
留まらない。それは、吉村先生の求める
ところが、形や色や重量などの技量が
及ぶところのみに過度に神経質にならず、
華美にも、奇を衒うことなどもなく、
ひたすら生活する人間の視点に立って、
おおらかな陶器本来の用の美と力を
如何なく、併せ持たせることに主眼を
置いて心して制作して来られたからに
相違無い。即ち、これが吉村粉引の
神髄「使って知る、違い」
というべき
もので、前述のような広範囲に亘る
分野の人達が、これまでそれぞれの
吉村粉引との目を見張るような思いがけない
体験を胸に秘め、次々と密かに作品を
収集愛用し続け、さりげ
なく人に見せては、自慢したく
なってしまう所以があると思われる。
吉村粉引はこの一両年、その白の
美しさに形、焼成、機能の点でも、
筆舌に尽くしがたい完成度の高い領域に
入ってきたことは、論を待たない。
吉村 昌也先生と吉村粉引を
敬愛するものの一人として、是非皆様にも
御愛用いただき、コレクションの枠を
増やしていただけることを
切に願うものである。

        

ご質問は、こちらから→