●トップに戻る ●詳細目次画面 ●展覧会作品紹介

●吉村 昌也目次 ●吉村昌也略歴 ●吉村 昌也粉引の魅力

吉村粉引 新作


2000年代に入り、吉村 昌也は、窯変の調整に於いて、これまで以上の様々な苦心と
試行錯誤の結果、まさに古代李朝時代の古陶器を思わせる風合いにまで
自らの粉引作品を仕上げて参りました。
しかし、完成度の高いこの見事なまでの作品群も、作家にとっては、
いまだ究極に至る道程に過ぎないのかもしれません。
以下ここでは、
代表的な近作・新作の片口の一部をご紹介します。


1.粉引片口 大 ( 16.2(H)x14.4x6.1cm ) 50,000円(消費税別) 共箱・箱書き

2.粉引片口 小 ( 10(H)x14x6cm ) 30,000 円(消費税別) 共箱・箱書き

共箱は、ご購入後お届けまで多少お時間がかかる場合もございます。




【 吉村粉引 “新作 ”から 】



詳細(Details)

No.S1 “粉引片口 大 ”
16.2x14.4x6.1cm
“粉引片口 横写真”
No.1
No.2

【トップへ戻る】 



No.S2 “粉引片口 小”
10x14x6cm

“粉引片口 上からの写真”
No.3
No.4

【トップへ戻る】 

御注文は、シェーネの小箱からどうぞ!!


●吉村 昌也目次 ●吉村昌也略歴 ●吉村 昌也粉引の魅力

●トップに戻る ●詳細目次画面 ●展覧会作品紹介