●トップに戻る ●詳細目次画面 ●展覧会作品紹介 ●ご質問(シェーネの小箱)


画廊シェーネの
『たまさか よもやま考』
バックナンバー
★1986年正月

世の中、物騒な事件が多い昨今であるが、
それでも、ほっと気持ち落ち着く清新な一時というものがる。

冬・・・・・
雪深い禅寺の凍てつく、まだ明けには遠い朝まだき、
剃髪した僧侶の洗顔する青い頭上から立ち昇る蒸気を見る時!

春・・・・・
三寒四温の続く日々、雪はもううんざりだと思って
戸を開けると
その音に驚いた小鳥達が飛び立つ際に、
積もった小枝の雪の舞う時!
小枝がしばらく揺れて見える時!

夏・・・・・
空の青さはどこまで続くのだろうと思う様な
夏にはめずらしい上天気に
洗ったばかりの真っ白な洗濯物が顔にふれて
思わずその柔らかな香りを知る時!

秋・・・・・
柿の木の実りが今年は小粒だなあと
眺めた木々の間の空が、
次第に帯状の橙々色に染まる時分に
遠くの豆腐売りのラッパの調子が
かすかになっていく時!

今年もいくつかの展覧会を企画して参ります。
ご覧いただく方達に清新なものを感じていただけることが
少しでも出来たらと思うのですが、、、、、、

1986年 画廊シェーネ 奥田 聰「今年私は、、、」
(「東興通信」依頼投稿文より)

トップへ戻る

●トップに戻る●詳細目次画面●展覧会作品紹介●ご質問(シェーネの小箱)